仕事に役立つコミュニケーション!面接の猛特訓のおかげ

岡野エレクトロニクス 中木屋翔さん

岡野エレクトロニクス(薩摩川内市)・中木屋翔さん(19)

自動車用エアコンの温度を制御するための部品を作る担当をしています。出来上がった製品を顕微鏡や拡大鏡で見て、問題が無いか検査し、仕上げる作業です。車の中でも目立たない部品ですが、縁の下で支える物を生み出すことにやりがいを感じています。

就活は高校3年から始めました。学校に来た求人を見るうちに、岡野エレクトロニクスに興味を持つようになりました。始めは家が近いという理由でしたが、調べていくと学校敷地に立つ電灯を作っていることを知りました。

夜道を優しく照らす電灯で、「地元貢献できる」と魅力を感じました。その後は、何を作っているかや入社試験の内容をホームページなどで調べました。

試験対策で最も力を入れたのは面接の練習。先生10人に相手をしてもらい、会話力を徹底的に磨きました。特に気を付けたのは相手の目を見て、大きい声でしっかりと話すこと。元は人見知りでしたが、練習したことで、人と話すのがうまくなってきたと思います。

社会人になると、社内外で年上の世代と話す機会が増えました。面接の経験は、仕事にとても役立っています。自分がやってみたい仕事があれば、上司や先輩に聞いて、教えてもらいます。自分のできる作業が増えると、ますます仕事は楽しくなります。

コミュニケーションで人の縁が広がっていくのは率直にうれしいです。知り合った大切な人たちは知らないこと、初めて聞くことをたくさん教えてくれます。人とのつながりは財産です。

高校、中学の友達や先生など、出会った人々を大切にしてほしいと思います。

中木屋翔さん
2020年度入社。川内商工高校機械科卒。薩摩川内市出身。
※南日本新聞2021年3月16日付掲載

このシリーズについて

グッジョブかごしま
鹿児島県内の企業を紹介し、就活中の学生を応援するコーナーです。南日本新聞に毎月第3火曜日掲載しています。

イベントカレンダー

企業説明会・オープンキャンパス等のイベント情報をご紹介

<< 2021年7月 >>
28 29 30 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 1