自分に合う仕事見極め、「自分だけの経験」をアピール

私のシューカツ 鹿児島相互信用金庫 西悠太さん

鹿児島相互信用金庫(鹿児島市)・西悠太さん(24)

指宿支店で融資受け付けなどの営業を担当しています。鹿児島相互信用金庫は地域に密着した金融機関のため、お客さまとの信頼関係がとても大事です。

入庫当初に「自分のファンを増やしなさい」と先輩から助言され、今もこの言葉を胸に刻んでいます。大変なこともありますが、「あなたにお願いしたい」「ありがとう」というお客さまからの声が一番の励みです。

大学のゼミで会計学を学んでいたことや「鹿児島の経済を支えたい」との思いから、金融業界に興味がありました。実際のエントリーシートも、金融機関を中心に県内5社に出しました。

幅広い業種を受ける就活生もいますが、業界研究に時間がかかる上、自分に合わない仕事は長続きしません。会社説明会などに参加して自分に合う仕事を見極め、業種を絞るのも戦略の一つだと思います。

また、面接は場数を踏むべきだと実感しました。面接官を前にすると緊張しますが、大学の先生などと面接練習を重ねていたため気負わず本番に臨めました。

早いうちから模擬面接などを経験し、面接独特の雰囲気に慣れておくのがおすすめです。

他の就活生とは違う「自分だけの経験」も就職活動では生きてきます。私は大学の学園祭と鹿児島市の「新成人のつどい」の実行委員経験が、面接などで自分をPRする際にとても助けになりました。

一つの経験から話題も広がり、面接で話が弾むこともあります。学生の皆さんには、今の自分にしかできない多様な経験を積んでほしいと思います。挑戦から新しい自分を発見できるかもしれません。

西悠太さん
2019年入庫。鹿児島国際大学経済学部経営学科卒。鹿児島市出身。
※南日本新聞2021年2月16日付掲載

このシリーズについて

グッジョブかごしま
鹿児島県内の企業を紹介し、就活中の学生を応援するコーナーです。南日本新聞に毎月第3火曜日掲載しています。

イベントカレンダー

企業説明会・オープンキャンパス等のイベント情報をご紹介

<< 2021年6月 >>
31 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 1 2 3 4