自分の強みを増やす、努力した時間は自信になる

小園硝子商会 下津濵智代さん

小園硝子商会(鹿児島市)・下津濵智代さん(19)

小園硝子商会で、住宅などの外装全般を扱うエクステリア関係の見積もりを担当しています。

簡単にはいかない難しい現場でも、お客さまが納得するまで見積書を何回も作り直して完成させ、お礼の言葉を頂いた時にやりがいを感じます。

高校3年生の夏休みに入ってから本格的に就活を始めました。周りと比べて、動き出しは遅かった方だと思います。

商業科で学んでいたため、簿記検定やワープロ検定など、就職に有利な資格をたくさん取得していたことは強みになりました。

なかなか進路が決まらず焦っている中、建築業界で働く父から今の会社の話を聞き、多くの人と協力して一つの現場を完成させる仕事に魅力を感じたことが志望動機の一つになりました。

私は、将来どんな道に進んでもいいように、自分の強みとなることを増やすように行動していました。まずは目の前の学校の勉強を頑張ろうと決意し、勉強量を増やしました。

テストの成績も上がりましたが、何より、その時に培った妥協しない精神が今の仕事にも生きていると思います。どんな会社を受けるにせよ必ず面接はあるので、夏休みはほぼ毎日面接の練習も行っていました。

私自身が実感したのは、どんなことでも努力した時間は自信になるということ。自信が持てれば成功につながります。将来の明確なビジョンを持っていなくても、今を見詰めることはできると思います。

自分を高めることができる「何か」を見つけ、精いっぱい努力し自分だけの未来をつかみ取ってください。

下津濵智代さん
2020年4月入社。明桜館高校商業科卒。鹿児島市出身。
※南日本新聞2020年12月15日付掲載

このシリーズについて

グッジョブかごしま
鹿児島県内の企業を紹介し、就活中の学生を応援するコーナーです。南日本新聞に毎月第3火曜日掲載しています。

イベントカレンダー

企業説明会・オープンキャンパス等のイベント情報をご紹介

<< 2021年9月 >>
30 31 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 1 2 3