自己分析から始める就活

うぃくりっく 自己分析から始める就活

進路を決める「軸」は、何に共感するか

9月に入り、来年に就職活動を控えた学生から「コロナ禍で周りの状況がわからず、何から始めたらいいのかわからない」という声がきかれはじめました。
確かに大学の就活ガイダンスが実施できなかったり、オンライン授業が中心となったことで、学生同士の何気ない会話の中で動きを共有することも難しくなりました。

そのためか、2022年卒の学生は「自己分析」が例年と比べて少し遅れがちと感じます。まだ時間はたっぷりあるので少しずつ始めていきましょう。
自己分析というと難しく感じるかもしれませんが、自分はどんな人間なのか、をひもといていく作業です。

例えば、自分の「大事にしていること」「物事を決める基準」を考えてみるとともに、友人や保護者からはどう見えているか聞いてみましょう。
自分が何に共感するか考えることも必要です。例えばナビサイト上の企業紹介の動画を視聴して、好きだと思えるところを素直に考えてみましょう。

それを続けると、どんなことに共感するかがわかるはず。それらが進路を決める「軸」になります。今後動画での発信は増えていきますので、効率的に活用しましょう。
手探りのなか、思うようにいかず不安に感じることもあると思います。しかし焦らないで少しずつ始めてみましょう。(リクルートキャリア就職みらい研究所所長・増本全)

※南日本新聞2020年9月15日付掲載

このシリーズについて

グッジョブかごしま
鹿児島県内の企業を紹介し、就活中の学生を応援するコーナーです。南日本新聞に毎月第3火曜日掲載しています。

イベントカレンダー

企業説明会・オープンキャンパス等のイベント情報をご紹介

<< 2021年9月 >>
30 31 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 1 2 3