古里の特産品 ネットで紹介/LR

LR 原元美弥さん
本社での打ち合わせに参加する原元美弥さん=日置市伊集院

LR(日置市)

制作部 原元美弥さん(28)

ふるさと納税の返礼品の魅力をきめ細かく取材し、インターネットでわかりやすく紹介、全国にPRする会社。4年前の創業当初に手掛けた日置市は寄付額が前年度の57倍に増え、現在は県内15市町と契約する。

5月に入社したばかり。現在住む志布志市に3月にできた営業所で働く。市内の食肉加工会社と打ち合わせを重ねて商品化した「鹿児島県産豚肉切り落とし2.4キロ」が8月末、返礼品としてネット公開された。

300グラムずつ8パックに小分けした冷凍品。「量が多いようですが、毎日のおかず用に需要があります」。自ら商品開発を提案しただけに、達成感もひとしおだ。

「地域の特産品を全国の人が喜んでくれるのがうれしい」。入社前にイメージした通りの仕事にやりがいを感じている。以前働いていた東京の健康食品会社は、相手先ブランドによる生産(OEM)。消費者の反応が直接伝わらないもどかしさを感じていたという。

普段はウェブページ制作などデスクワークが中心。月に5日ほど外に出て生産者を訪れ、取材や打ち合わせをする。フレックス制だが平日午前9時~午後6時の勤務が多い。

平均年齢34歳の若い会社。わからないことも気軽に聞くことができ、コミュニケーションを取りやすいと感じる。驚いたのは、同じ空間にいても、会話をパソコンやスマートフォン上のチャットですること。

「過去にどういうやり取りがあったかを検索でき、離れていても情報を共有できる」というメリットが分かり、次第に慣れた。

日置市 LR
コールセンターなどがある日置市伊集院の本社

現場で焼酎会社の常識破りの製造法を知り、イチゴ生産者が入院先から出荷について指示する熱意に触れた。「高校まで地元にいたのに、当時はこんなに頑張っている大人たちがいるとは知らなかった」と感動する。

「ふるさと納税は鹿児島の素晴らしさを知ってもらうきっかけになる。子どもたちに、県外に出なくても『地元いいよっ』と言える大人でありたい」と今後の仕事に情熱を燃やす。

原元美弥さん
鹿屋市出身。尚志館高校、鹿児島大学卒。4月まで志布志市の地域おこし協力隊。趣味はアルトサックス演奏。

社長メッセージ

末永祐馬さん(30)
LR 末永祐馬社長

社名「LR」は「Local Revitalization=地方活性化」を意味します。起業5年目に入り、従業員は40人に増えました。制作、受注、開発、梱包(こんぽう)、総務の五つの部がありますが社長以外は役職なしです。備品の購入などは本人以外の従業員2人が認めれば、決済できます。
 みんなが自分で判断できた方が速い、という考え方です。もっと事業は拡大できますが、「誰もが次の世代に誇れる社会」を目指すという理念を掲げ、家族を大事にしながら幸せになれる働き方を追求します。
 昨年度は中途入社22人で新卒は1人ですが歓迎します。地方を盛り上げる熱い思いを持ち、パソコンが得意な人を待っています。

会社プロフィール

LR
LR 本社

  • 所在地 日置市伊集院町郡1343の1[MAP
  • 業務内容 ふるさと納税など地方創生事業のウェブサービスサポート
  • 設立 2016年8月31日
  • 資本金 1000万円
  • 売上高 3億8000万円(2020年7月期)
  • 従業員 40人(男10人、女30人)
  • 平均年齢 34歳
  • 平均勤続年数 2年
  • 3年以内離職率 2.5%(16~20年度)
  • 勤務時間 7~8時間(フレックス制)
  • 有給休暇の平均取得日数 6日(19年度)
  • 月平均所定外労働時間 14時間(19年度)
  • 育児休業取得率 男性0%、女性100%(19年度)
  • 新卒採用者数 女1人=短大卒(19年度)
※南日本新聞2020年9月15日付掲載

このシリーズについて

グッジョブかごしま
鹿児島県内の企業を紹介し、就活中の学生を応援するコーナーです。南日本新聞に毎月第3火曜日掲載しています。

イベントカレンダー

企業説明会・オープンキャンパス等のイベント情報をご紹介

<< 2021年9月 >>
30 31 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 1 2 3