入社してからの1年目、3年目ってどう? プライムアシスタンス編

プライムシスタンス 村田 朱音さん

人生の大きな決断となる就職先。楽しい社会人生活を夢見ていても、入社後の働き方に不安をもっている人も多いのでは?
ただ、“石の上にも三年”というように、続けてきたからこそ分かる職場の魅力や、仕事のやりがいがあるようだ。
社会人生活も板についてきた若手社員に1年目、3年目、7年目を振り返ってもらった。

この方にお聞きしました!
プライムシスタンス 村田  朱音さん

鹿児島センター部
アシスタントスーパーバイザー
村田 朱音さん

声だけの応対、丁寧に聞く姿勢を大切に 村田 朱音さん

1年目/新しいチャレンジにわくわく

2014年に志學館大学を卒業し、4月に開設した鹿児島センターのオープニングスタッフとして採用されました。新しいことにチャレンジできる環境にわくわくしました。1期生は60人弱。研修ではロールプレイングで電話対応を学びました。

でも、実際にお客さまの電話に対応するときは緊張しました。最初の電話はタイヤのパンクの案件でした。手配は滞りなくでき、ホッとしました。1件につき長いときは解決まで2、3時間かかることもありました。

1年目の冬、「分かりやすい」「親身になってくれた」と言葉をかけられたときはうれしかったです。

3年目/「お客さまに寄り添う」気持ちで

3年目には初めて参加した電話応対コンクール鹿児島県大会で優勝しました。お客さまに寄り添った対応を心掛けてきたことが評価され、これが自分自身の強みだと思いました。

でも、全国大会では通用しませんでした。台風や雪の時期にはトラブルに遭われた方から多くの電話が来るので、いかに一件一件を早く処理するかも大切になります。もっと努力して日本一を目指したいと思いました。

現在7年目/全国の電話応対コンで優秀賞

電話は顔が見えず、声だけの対応です。いまだに戸惑う案件もあります。例えば「海に車が落ちた」など、思いもしないような電話は数え切れないほど。7年目になった今でも緊張します。

2019年には電話応対コンクールの全国大会で、優秀賞をいただきました。お客さまの話をしっかり聞く姿勢が身についてきたのだと思います。優柔不断なところもありますが、お客さまの立場に立ってスパッと判断できるように心掛けていきたいです。

プライムシスタンス 村田  朱音さん

会社プロフィール

株式会社プライムアシスタンス
プライムアシスタンス 鹿児島中央ターミナルビル正面

  • 所在地 鹿児島市中央町11番地 鹿児島中央ターミナルビル4階[MAP
  • SOMPOホールディングスグループの一員で、2012年4月設立。鹿児島センターのほか東京、秋田にセンターがある。
  • 代表取締役社長 德岡 宏行氏
  • 業務内容 鹿児島センターは主に車と住まいのトラブル解消をサポートしている。
  • 資本金 4億5,000万円
  • 売上高 97億6,200万円(2019年度実績)
  • 従業員 約1,080人(鹿児島センター450人、うち男69人、女381人)
  • HP/プライムアシスタンス

イベントカレンダー

企業説明会・オープンキャンパス等のイベント情報をご紹介

<< 2021年6月 >>
31 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 1 2 3 4