もちもちでうんまかぁ~♡ みんな大好き両棒餅をリポート!

サザンクロスのローカルリポート 両棒餅編

歴史やおいしさの秘密を伺いました♪

鹿児島の郷土菓子として、多くの人々に愛されている両棒餅(ぢゃんぼもち)。その歴史やおいしさの秘密を皆さんご存じですか?
鹿児島市の仙巌園で学芸員の岩川拓夫さんと、両棒餅屋店長・井口貴史さんにお話を聞いてきました♪

担当はぴかりん⭐

今回は夢野ひかりさんが「両棒餅」をリポートしました☆

サザンクロスのローカルリポート 両棒餅編
サザンクロスのローカルリポート 両棒餅編
鹿児島県民ご存知、両棒餅。味もいろいろ

ぴかりん:両棒餅の歴史を教えてください!

岩川さん:もともとは、江戸時代に慈眼寺(鹿児島市)で作られたそうです。
明治時代、島津家に仕えていた人が始めたのをきっかけに、磯地区に広がりました。明治に現在の国道10号が開通してからは、姶良まで歩いていく途中、両棒餅を食べて一息ついていたそうです。

ぴかりん:両棒餅といえば、しょうゆ味ほとんどですが、仙巌園ではみそ味もありますよね。こだわりは?

井口さん:実は、江戸時代はみそ味だったそうです。最近では新商品の開発にも力を入れていて、黒糖きなこ味がとても人気です!
餅は毎朝ついています。もち米100%で、もちもちとした食感にこだわっています。

サザンクロスのローカルリポート 両棒餅編
取材の様子。両棒餅屋店長・井口貴史さん(左上)、仙巌園で学芸員の岩川拓夫さん(左下)

黒糖きなこは本当にオススメ♡
変わらない景色が広がる仙巌園ですが、進化を遂げていました。最近では、漫画やゲームとのコラボも展開しているそう。コロナ下でも挑戦を続ける地元の観光業の姿も見てほしいです★

仙巌園(両棒餅屋)
鹿児島県鹿児島市吉野町9700-1[MAP
TEL:099-247-1551
HP/仙厳園

    

仙巌園・尚古集成館は、新型コロナウイルス感染拡大を鑑み、2021年2月28日(日)まで休業しています。
感染拡大が続く場合は、再度休業期間を延長するそうなので、お出かけの際は仙厳園のHPをご確認ください。

このシリーズについて

S☆UTHERN CROSS Local report
鹿児島大好き♡ アイドルユニット「S☆UTHERN CROSS(サザンクロス)」が県内のイチ押しをリポートします☆ 読めば鹿児島ファンになること間違いなし♪

S☆UTHERN CROSS(サザン☆クロス)
2011年結成の鹿児島発アイドルユニット。県のかごしまPR大使。ご当地アイドル日本一を決める「U.M.U AWARD2018決勝大会」で優勝。特産品、歴史、水産業など担当分野の発信、全国各地で鹿児島をPRするライブなどの活動中。
ウェブサイトをみる

イベントカレンダー

企業説明会・オープンキャンパス等のイベント情報をご紹介

<< 2021年4月 >>
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 1 2