人事担当者のホンネ聞いてみた! 小園硝子商会編

小園硝子商会

やる気と熱意から本気度が伝わってくる!

2020年の就職活動は、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、例年と異なる状況となっています。

合同企業説明会や筆記試験の中止、スマホやパソコンを活用したウェブ面接の導入―。企業と学生が直接的に接する機会が減る中で、エントリーシートや履歴書、インターンシップや面接は、互いに理解を深めアピールする大事なチャンスです。

企業側はどの点に着目して選考に当たるのか、鹿児島県内企業3社の人事担当者にホンネを聞きました。小園硝子商会編!

この方にお聞きしました!
硝子商会 今村照吾さん

小園硝子商会
常務取締役
今村 照吾さん(65)

【企業DATA】
業種:総合住宅建材の卸売施工
本社:鹿児島市
従業員100名(2020年4月1日現在)

具体的に、枠いっぱいPRを

提出書類は達筆でなくとも丁寧な文字で、誤字脱字がないことが大事です。記入後は読み返しましょう。

自己PR欄には自身が刺激を受け成長したと感じた内容を、具体的に。枠いっぱいに書いてあれば、入社への本気度が伝わります。

インターンシップは企業・学生にとって、仕事のミスマッチを解消するよい機会だと考え、2020年度から実施します。参加者は採用に際しプラス評価を考えています。

TPOを考えた清潔な装いで

面接はTPOや社会人としてのマナーを考えると、就職後も着用できる一般的なビジネススーツを選ぶとよいですが、信念を持って表現する清潔な装いなら拒みません。

また中途採用では、面接時間に前職の作業服のまま面接に駆け付ける方がいます。多くは前もって電話で事情を説明されます。常識的に臨機応変な対処でも良いと思います。

社会人として職場や取引先での適性を、実際に会って確かめる意味もあります。時間厳守、礼節や言葉遣い、表情なども重視します。うつむいたまま話す、父親を「お父さん」と呼ぶ、などはマイナス。

マニュアル通りの返答はぎこちなく感じます。自分の言葉で話すことが大事です。

創業100年へ、人材育成に力

社員のプライベート充実が良い仕事につながると考え、業務の平準・効率化を進め、休業日を増やし会議時間を短縮。管理職の意識改革を図るため研修も実施し、女性社員の意見を聞く機会も設けています。

板ガラスの卸売業として出発し、2022年に創業100年を迎えます。建築商材の事業内容の拡大と、高い施工工事力の提供を日々目指し、社内においては社員の物心両面の幸福を追求していきます。

イベントカレンダー

企業説明会・オープンキャンパス等のイベント情報をご紹介

<< 2021年9月 >>
30 31 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 1 2 3