『おごじょたん』で鹿児島の魅力を発信している「かじょたん」に潜入

齊藤萌奈さん(中央)
黎明館を取材する齊藤萌奈さん(中央)ら

鹿女短の『授業』の一環として…

皆さんは「おごじょたん」を知っていますか? 教養学科の2年生が「プロジェクト演習」という授業を通して、鹿児島の情報を発信する取り組みです。県内各地のお店や施設を取材し、まとめるまでをすべて学生が行っています。

「おごじょたん」について、担当した学科長の近藤朗教授と卒業生の齊藤萌奈さんに取材しました。

「おごじょたん」とはどんな取り組みですか?

近藤教授:学生に鹿児島に何があるかを聞くと、あまりよく知らないという回答が目立ちました。そこで2年間の総まとめとして、鹿児島の面白いところや自分が暮らす地域以外を訪れることで、鹿児島を再発見して、いろいろな人に知ってもらえる表現を学ぶことを目的に、2013年度から始めました。
「おごじょたん」とは、鹿児島弁で女性を意味する「おごじょ」と、本学の略称「かじょたん」を掛け合わせた造語です。
 

2020年度からはウェブでの発信になったのですね。

近藤教授:従来は学生自身が写真を撮り、原稿を書き、リーフレットを作ってきましたが、今はブログや会員制交流サイト(SNS)など、ウェブで情報発信するスキルが求められています。ネットで発信する方が社会に出てからも役立つと思い、今回のやり方に変えました。
おごじょたんイメージ
 
 

実際に活動してみてどうでしたか?

齊藤さん(卒業生):私は黎明館について調べました。取材を通して楽しい施設だと気付きました。学芸員の方から詳しい説明を聞いた後に、改めて展示室を見ると、新しい楽しみ方やそれまでとは違う見方が味わえてとても面白かったです。
この活動で、今まで何もないと思っていた鹿児島は、知らないだけで楽しいところがあると気付くことができました。いま観光関係の仕事をしており、活動で知った鹿児島の魅力を、現場で生かしたいと思っています。
 

「おごじょたん」での活動を、今後どのように生かしてほしいですか?

近藤教授:今の時代、自分が何を考えているのかを情報発信することは非常に重要です。発信することで、温かい言葉をかけてもらったり、勇気づけられたりすることもあります。情報発信を通じて人とつながるという活動を、今後も続けてもらいたいです。

 

私たちが取材しました!(協力:はたおり)

東明日香さん

■ 東 明日香さん(鹿児島純心女子大学 看護栄養学部3年生)

是枝千夏さん

■ 是枝 千夏さん(鹿児島県立短期大学 文学科1年生)

キャンパス インフォメーション

鹿児島女子短期大学
学部

児童教育学科・生活科学科・教養学科

所在地

〒890-8565 鹿児島市高麗町6-9

学校のウェブサイトをみる

イベントカレンダー

企業説明会・オープンキャンパス等のイベント情報をご紹介

<< 2021年9月 >>
30 31 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 1 2 3